黒クマに使う美容液を探してますか?

 

このサイトでは、有名な美容液を含む全部の美容液をチェックして、効果と安心して使えるか、効果的に使う方法などについて調べててきた経験から、良かったものを紹介しています。

 

黒クマ用に美容液を選ぶポイントは

 

混合タイプに対応

きっちり黒クマだけという人は少ないし、何クマか自己判断を誤るケースも多いので混合タイプが無難です。

 

たるみに対策できる成分

黒クマの主な原因たるみへの成分は必須です。

 

続けやすい価格

高級ブランドはあこがれますが続かないと意味がありません。

 

そんな観点だとランキングはこのようになります。

 

黒クマに使える目元美容液ランキング

アイキララ

黒クマだけでなく、茶クマ青クマとの混合タイプにも対応した美容液です。

 

ビーグレン 目元ケアトライアルセット

まぶたのたるみ、ちりめんジワ、目のクマに総合的に対応できるトータルリペアアイセラムを中心としたトライアルセットです。
レチノールにこだわる方は、QuSomeレチノAをふくむホワイトケアトライアルセットもあります。

 

アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ ラインセラム アイEX

レチノールとEGFを配合したラインセラムを含むトライアルセットがあります。

 

アイキララ

最終的に私が決めたのがアイキララでした。

 

 

 

黒クマのための美容液を選ぶとき

黒クマに美容液を買うなら、どんな点を基準に見ていますか?

 

これまでの私は、美容液の製品は色々あるけれど、専門的なことは全く分からないので価格の他に基準がない、という感じでした。。

 

このサイトでは、私と同じように悩んでいる人と一緒に、美容液選びで気をつけたい点を考えていけたらと思います。

 

その中で最後に私が選んだのがアイキララでした。

 

アイキララ

アイキララの特徴は 「目の下の皮膚痩せ」 に着目している点です。

 

目の下の皮膚が痩せると・・・

  • 内側の血液や筋肉が透けて見えやすくなりクマが出来てしまう
  • 老廃物がたまった結果、前に出てしまいたるみが発生する

など様々な症状が現れてきます。

 

透けて見える方は青クマに、たるみの発生は黒クマの原因になってしまいますよね。

 

そんな皮膚痩せを補うために必要な成分といえば「コラーゲン」です。

 

従来型のアイクリームはコラーゲンを外側から塗るだけの、言わば"その場しのぎ"の対策でしかなかったのに対し、「アイキララ」は肌リズムを正常化させコラーゲンの産生を促進させることに主眼を置いた成分を配合しています。

 

原因に近いところから対策できるという点が従来のものとの違いですね。

 

おすすめなのはこんな人

女性の8割が「目の周りのクマ」に悩んでいるという調査結果があります。

 

 

 

アイキララの最安値を楽天・アマゾン・薬局などから調査した。

公式サイト 2980円

公式サイトには使用済みでも受けられる全額返金保証があります。

楽天市場 3,218円 +送料195円

返金保証はありませんでした。

アマゾン ¥ 2,999

返金保証はありませんでした。

薬局・ドラッグストア・マツキヨ・ドンキ 取り扱いなし
転売サイト(ヤフオク・メルカリ) 取り扱いなし

 

≫アイキララを最安で売っているキャンペーンはココ

 

アイキララの最安値は公式サイトでしたが、他の各販売店の価格も比較しておきました。

 

所有しているポイント次第では楽天やアマゾンが安くなる場合もありますが、返金保証やキャンペーン内容を考えると公式の方がお得です。

 

転売サイトは返金保証がないだけでなく、不良品や違う商品が届くトラブルもあるので特別な理由がない限りは選ぶメリットがありません。

 

 

美容液の黒クマへの効果

黒クマ美容液に含まれる成分がクマにどのような効果があるのかまとめました。

 

たるみへの効果

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体の真皮のコラーゲンの合成を促す作用が、たるみを予防・改善する効果があります。
また、メラニン色素を作るチロシナーゼの働きを阻害する作用もあるので茶クマとの混合タイプにも効果的です。

 

レチノール

油溶性のビタミンA誘導体で、ターンオーバーの促進やコラーゲンの生成をサポートする効果があります。

 

レチノイン酸

レチノールと名前が似ていますが、やはり同じくビタミンA誘導体の1つで、レチノールの100倍程度の効果がある成分です。レチノールと比べると効果にかなりの差がありますが、医師の処方によってしか使えません。

 

EGF

表皮細胞の成長因子EGFはもともとからだの中にあるタンパク質の一種で、古い細胞を新しい細胞に入れ替えるために必要なものです。

 

コラーゲンの生成をサポートするレチノールで、コラーゲンを増えると、黒クマの原因となる目の下のたるみを遅らせる効果が期待できます。

 

たるみの原因は加齢もありますが、眼輪筋の衰えでもあるので、眼輪筋のトレーニングも効果的です。

 

乾燥への効果

セラミド

角質細胞の中で水分を保持する細胞間脂質の40%を占めるのがセラミドです。

 

本来はターンオーバーの過程で生成される成分ですが、成分を塗ることで補うことが可能なため、多くの化粧品に採用されています。

 

細胞間脂質が水分をはさむように働くので、保湿成分の中でも最も保持力が高いものに分類されます。

 

≫アイキララを最安で売っているキャンペーンはココ