黒クマ美容液に含まれる成分がクマにどのような効果があるのかまとめました。

 

たるみへの効果

黒クマの原因のひとつに「たるみ」があります。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体の真皮のコラーゲンの合成を促す作用が、たるみを予防・改善する効果があります。
また、メラニン色素を作るチロシナーゼの働きを阻害する作用もあるので茶クマとの混合タイプにも効果的です。

 

レチノール

油溶性のビタミンA誘導体で、ターンオーバーの促進やコラーゲンの生成をサポートする効果があります。

 

レチノイン酸

レチノールと名前が似ていますが、やはり同じくビタミンA誘導体の1つで、レチノールの100倍程度の効果がある成分です。レチノールと比べると効果にかなりの差がありますが、医師の処方によってしか使えません。

 

コラーゲンの生成をサポートするレチノールやレチノイン酸の使用で、コラーゲンを増えると、黒クマの原因となる目の下のたるみを遅らせる効果が期待できます。

 

EGF

EGFとは「Epidermal Growth Factor」の略称です。

 

日本語に約すと「上皮成長因子」または「上皮細胞増殖因子」となります。

 

表皮細胞の成長因子EGFはもともとからだの中にあるタンパク質の一種で、古い細胞を新しい細胞に入れ替えるために必要なものです。

 

EGFを補うことで肌表面の新陳代謝の活性化=ターンオーバー促進効果が期待できます。

 

 

乾燥への効果

保湿不足も黒クマの原因になります。

 

セラミド

角質細胞の中で水分を保持する細胞間脂質の40%を占めるのがセラミドです。

 

本来はターンオーバーの過程で生成される成分ですが、成分を塗ることで補うことが可能なため、多くの化粧品に採用されています。

 

細胞間脂質が水分をはさむように働くので、保湿成分の中でも最も保持力が高いものに分類されます。